洗浄能力に優れているアルカリ性のもの

修理班

重曹とセスキ炭酸ソーダにはどんな違いがある?

重曹とセスキ炭酸ソーダはよくにていると思われますが少々異なる部分がありますのでご紹介しておきます。例えば、セスキ炭酸ソーダのほうがPHが高いので重曹が必要ないのでは?と思われるかもわかりません。コスト面を考慮するとその通りだと言えますが重曹とは多少の違いがあります。

ローポンプ作業 フラッシュバルブ交換
評価リスト
トイレの交換 水がたまりにくい

重曹の特徴
よく知られているのが重曹です。昔から水まわりの掃除をするアイテムとして多く使われています。精製度によっては食用にできるほど安全な物質で、クエン酸とセットで使い、掃除の効果を上げる効果があります。
重曹の成分は炭酸水素ナトリウムでアルカリ性の物質です。アルカリ性の強度を示すPH値が8.2で酸性の汚れに対して効果が大きく発揮します。しかし、水に溶けにくいので少量の水で練りクレンザー状にして使うこととなり研磨力があります。

セスキ炭酸ソーダの特徴
セスキ炭酸ソーダは炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムから精製されているアルカリ性物質です。わかりやすく説明すれば、重曹+炭酸ナトリウムでできているということになります。
成分から「重曹の能力を持っている」といえます。PH値が9.8で重曹単体より高い汚れ落としと言えます。この強度が酸性の汚れに効果があることになります。
手触りがサラサラとしていて水に溶けやすい性質となります。つまり、水で練ってクレンザーのように使用することができないということになりますが水に溶かし浸け置き洗いに使うと大きな効果を発揮してくれます。

重曹は食品としても認められていますがセスキ炭酸ソーダは食品として認められていませんので、あくまで掃除に使う物質として使用することになります。また、セスキ炭酸ソーダは、症状で十分に気を付ける必要があり、口に入らないように注意が必要です。

蛇口の修理 お湯側の調子が悪い
電話無料相談
屋外の散水栓修理作業 トイレの詰まり除去


施行料金表
修理完了までのロードマップ


水まわり総合サポート
copyright©2019 修理班 all rights reserved.