DIY時の注意点

修理班

自力で蛇口交換をするときの注意点

自力で蛇口の交換をするのでしたら業者に依頼した時に支払う工賃などの支払いがかからなく部品の購入費用だけの支払いで交換することができます。しかし、その代償として取り換え時にリスクを背負わなければならないことを考慮してどうするか判断しましょう。そこで以下の気をつける点を考慮して充電器交換をするか再検討してみましょう。少しでも不安がある時には業者に任せることも念頭に置いておくべきことです。

シンクから水が漏る 水漏れが起こるトラブル
水トラブルのコラム集
パッキンを交換する方法 床下や壁の内部からの水漏れ

時間と労力
設置されている蛇口の型式や形状を調べて取り付け可能な蛇口を購入し、廃棄となる蛇口の処分までを一通りかかりますので時間や労力が必然的にかかってきます。ひとつひとつの工程を施工説明書を見ながら交換着手することになります。
給水管やネジ山を破損させる可能性がある。
当社にご相談があるケースで一番多いのが虹山の破損です。正確に取り付けていると思うけど水が滲み出てきたり晴れてくると言う状態で困ってるとのご相談があり現場で確認をしたらネジ山が破損していることが大多数です。そして、締め付けによる給水管の破損も多く見受けます。
DIYで蛇口交換する時、間違って蛇口本体や給水菅のダメージを加えてしまい取り返しのつかない事になってしまうこともあります。このようになったら、蛇口交換だけで済むことが給水管の補修作業やせっかく購入した蛇口を再購入をするなど費用負担が増えることも少なくない。
修理費がかさむ
DIYをする場合には、失敗すると自己負担になることを覚えておきましょう。蛇口交換の部品を間違えて購入したり破損させてしまった場合には、必要でもなかった修理費用が加算することになりかねません。
また、「蛇口を分解したら元に戻せなくなった」ということも少なくありません。その時にには、水道修理業者を手配する必要があるでしょう。このような事態を避けるためにも、自力交換をすることに少しでも不安があるのでしたら水道修理業者に依頼することを推奨します。

タンク内を自力で修理 水トラブルの原因
電話無料相談
S字トラップの近くで水漏れ 水漏れを修理する時の注意点


施行料金表
修理完了までのロードマップ


水まわり総合サポート
copyright©2019 修理班 all rights reserved.