換気をすることである程度防げる

修理班

扉が汚れる原因について

お風呂場や浴室の扉の汚れの原因となる主な原因としては、「黒カビ」「水垢」「埃」です。
特に浴室の小平の汚れで一番目立ってくるのが「黒ずみ」です。アクリル板とドア枠のパッキンによく見かけられる汚れです。この黒ずみの正体が「黒カビ」で、温度が20~30℃で湿度70%以上の環境がもっとも繁殖に適した環境下となってきます。
一見してちょっとだからと油断をしておくと次第に黒カビが広がっていて気が付いた時にはものすごい量の黒ずみとなっていることが多く、常食に適した汚れがあれば一気に悲惨な状態となり悪臭や頑固な汚れとなっていきます。
評価リスト
隙間から水漏れ パイプに亀裂が入ってた

特にお風呂場や浴室はカビが繁殖しやすい環境になりやすい家庭内の場所ですので、気づいたらカビが増殖する前に早めの対処をすることで簡単に排除することができます。換気をすることによって、しっかり乾燥させた状況下ではカビの胞子から菌糸はほとんど発生しません。
しかし、換気だけしたお風呂場や浴室は、特定の部分で湿気が残ってしまうこともありますので部分的に菌が成長してしまうことがあります。換気扇を回すだけではカビの繁殖を完全に抑えることはできないので窓を開けたりドアを開けておくなどこまめな対策も必要となってきます。
お風呂の扉の白い曇りは、「水垢」が原因です。お風呂のドア内側はシャワーなどが飛散し扉などに付着しやすく水滴が蒸発した時に残ったミネラルが水垢となっていきます。
また、ドアレール部分には黒ずみだけではなく埃も溜まりやすい箇所ですので、こびりつく前に取り除いておくことがよいでしょう。

ユニットバスが流れない 洗濯機の排水管の調子がおかい
電話無料相談
洗面台の水漏れだった 洗濯機の排水ができなくなる


施行料金表
修理完了までのロードマップ


水まわり総合サポート
copyright©2019 修理班 all rights reserved.