見極めてから対処する

修理班

修理する時の注意点と効果的な方法

自力で行う水漏れの修理は、必ず止水栓を形成する必要があります。海鮮したままですと作業中にに水が噴き出すこともあり止水栓を必ず締めて水が出ないことを確認してから作業に入りましょう。

1.ハンドル、スピンドル、パッキンの交換
止水栓を止めたらハンドルを取り外します。袋ナットを外して、次にスピンドル、パッキンを外します。パッキン、スピンドルの順にパーツの交換を終えたらハンドルを戻します。締めていた止水栓を開き、水の流れを確認すれば作業が終了です。
2.カートリッジの交換
レバーハンドル式の混合水栓についているカートリッジの交換の時にも必ず止水栓を締めておきます。
レバーハンドルを外して化粧カバーを外し次にカートリッジカバーを外します。それからカバーの中にあった古いカートリッジと、交換する新品のカートリッジを入れ替えます。カートリッジカバーとレバーハンドルを戻し止水栓を開けば作業終了です。

ごく簡単な水の漏れでしたら、このような方法で十分に対応できます。しかし自分には難しいと感じた場合には、無理をせずに水道修理業者に修理依頼をすることが2次的な被害を起こさないためにも良いでしょう。自己の能力を過信しすぎて交換した部品を痛めてしまったり悪くもない部分を痛めてしまうことはないように気をつけていても不具合を起こしてしまうことがありそうならないためにも少しでも不安があれば修理業者に依頼することが望ましいと言えます。


東葛飾地区エリア紹介
柏市 船橋市 松戸市 市川市 野田市
緊急の業者
流山市 我孫子市 鎌ヶ谷市 習志野市 浦安市
北東地区エリア紹介
香取市 東金市 大網白里市 茂原市 山武市

地域限定の電話相談実施中
施行料金表

北中地区エリア紹介
八千代市 市原市 佐倉市 印西市 成田市
無料の電話相談
富里市 四街道市 八街市 白井市
南部地区エリア紹介
木更津市 袖ヶ浦市 君津市 冨津市

修理完了までのロードマップ

水まわり総合サポート
copyright©2019 修理班 all rights reserved.