トイレの詰まりを修理した案件

修理班KAKUMEI

修理報告

千葉市在住のお客様からトイレ詰まりの修理依頼を承りました。昨日から便器の水がまったく流れないとのことでご高齢のご家族の方が使用されてから流れ方がおかしく流してはいけない物を排水してしまったのかも知れないとのことでした。
ホームセンターにラバーカップを買いに行って使ってみてもダメだったと悩まれていてどうすることもできないからトイレ修理をしたとのこと。仮に排泄物やトイレットペーパー以外の異物が原因で詰まりを起こしてしまっているとしたら低圧効果しかないラバーカップではまず解決できません。使っても効果がなければ異物の可能性が非常に高い事をお伝えし千葉市の現場に駆けつけました。2世帯になってから増改築された時に設置されたトイレで15年以上経っているとのことでトイレ詰まりは初めてでどうすればよいか悩まれていました。
陶器製の便器ですから便器内で何が詰まってるかが目に見えてわかりませんが透明なら原因が目で確認できるので修理方法についてもはっきりと断言できますが透視能力もありませんのでご使用状況などをお聞きして状況観察と経験から判断するしかありません。排水して流してみると便器内いっぱいに水が溜まり水位が引いていきませんでした。排水経路が塞がっているから完全に詰まってしまっている状態です。業務用薬剤洗浄をしても改善がありません。屋外の排水管や排水マスを探して経路を確認し詰まりや問題になる箇所がないため便器の奥の方での詰まりと確定。普段使用されている大人用の尿パットやちり紙がトイレ内に置かれていましたのでそういった物が流れてしまった可能性も高いと思われました。排泄物やトイレットペーパーの詰まりであれば時間の経過で溶解され隙間が生じて少し水が流れるようになることがありますが今回は数日経っているのにも関わらず水位が下がらない詰まりで大人用のオムツや尿パットのようなものを流してしまった典型的な状態と言えました。異物が原因で詰まってる可能性が高いことをお客様にご説明し強引に押し流すことはせず便器を取り外してトイレ詰まりの原因を確認除去することになり佐護湯開始。便器と排水管の接続部分で原因がそこで引っかかっている場合が異物の場合は多いといえます。しかし、排水管との接続部分を確認するためには、便器を外すことが作業が必要です。
異物が流れてしまった場合には、この脱着作業(便器を外した後に元に戻す作業を脱着作業という。)により詰まりの原因を取り除きます。
異物を低圧ポンプなどを使って強引に押し流してしまうとその先の排水経路内で再度詰まりを起こすことも考えられますしマンションだと床下などで詰まってしまったら取り除くのにはさらに大掛かりな作業になってしまいます。そうならない為にも排水管に異物を落とさないように慎重に除去する必要があります。便器を外して経路確認をしたら床に排水管の入口となる土台部分や便器の裏側には便器の出口が目視確認することができます。今回は、便器の出口部分に尿パッドが傍聴した状態でした。この製品は、水を限界まで吸い込んでパンパンに膨らんで除去するのもたいへんです。トイレ詰まりの除去には方法がいくつかありますが便器の脱着作業の一番の利点が詰まりの原因を目視確認できるので今後の対策ができることです。何が原因で詰まってしまったのか何故流れなかったのかが一目瞭然ですので気を付けるべきか対策がはっきりします。ラバーカップで押し流して解決する方法ですと作業時間や費用をかけずに容易に解決することができますが何が原因でどう詰まっていたのかは見えない部分なので詳しいことは藩閥できません。脱着作業のメリットとしたは、普段狭くて奥まっていて掃除しにくい床や便器の奥床や壁、タンクと壁の間の所などを便器やタンクが無い状態であれば容易に掃除することができます。ですが、詰まらせてしまうと修理費用がかかりますので痴呆症のご家族がいれば注意した方が良いでしょう。

担当者修理報告
排水管が詰まった解決 ペットの糞を丸めて詰まらせた
隙間から水が漏れる 油魂で排水管が詰まった
異物が便器内で詰まった 排水管を詰まらせた

修理料金

水まわり総合サポート

copyright©2019 修理班KAKUMEI all rights reserved.