トラブル対処方法

修理班KAKUMEI

給水管からの水漏れ

トイレの水漏れトラブルは多種多様でさまざまありますが、ここでご紹介するのは、給水管から水漏れをする場合の原因とその対処方法をご紹介します。給水管の水漏れの原因は、温度・湿度・汚れなどによる経年劣化で進行し水漏れが起きると言ってよいでしょう。こまめに点検し清掃していても、使用頻度が高いので他と比較してもどうしても劣化が早くなってしまいます。水漏れがポタポタ程度なら、まず、ナットに緩みがないか点検してみましょう。ナットを締め増しても改善されないようであれば接続部分のパッキンを新しいものと交換してみてください。交換するパッキンを購入する時は、給水管の直径を正しく測ってサイズと形状の合った適切なパッキンを選ぶように注意してください。パッキンの交換作業をする前には、絶対にマイナスドライバーを使って止水栓を閉めましょう。時計方向に回すと水が止まります。止水栓がない時は、元栓を閉めてください。水漏れを起こしている箇所を取外してパッキンを交換します。給水管を元通りにもどしたら止水栓を反時計方向に回して開栓し水漏れがないか再点検してください。ナットの締め増しやパッキンの交換でも直らない水漏れの場合は、給水管そのものに原因があると想定されます。給水管自体の交換が必要な可能性が高くなります。こういった作業には水道業者を要しますので早急に修理業者に連絡するようにしてください。

水漏れが発生した時には、落ち着いた行動が望ましく2次的ない被害を防ぐためにも止水栓を閉栓するか水圧を弱めるなどの対処が必要となってきます。極度の漏水の場合には、元栓を閉栓し早急のトラブル解決をすることをオススメします。

水道管やパイプからの水漏れでガムテープやタオルを巻いて、そのままにしている方が修理訪問した時に、時々、いらっしゃいます。応急処置としては問題ないのですが早急に漏れた部分の修理をされない場合、水道料金が加算されていっています。また、急に破裂するとかの惨事にもなりかねません。割れていたり亀裂が入っている場合、段々と漏れる量が増えていきますので早急の修理をした方が良いと提言しておきます。


お客様評価
パートから戻ってきたら蛇口の水道が出っ放しになっていてビックリでした。レバーを下げて閉めようとしたのですが完全に下がっていても水を止めることができなく修理をお願いしました。1時間くらいで来てくれて直ぐに水漏れを直してくれました。また、水道修理があったらお願いします。


千葉市内エリア紹介
花見川区 稲毛区 若葉区 千葉市中央区
美浜区 千葉市緑区
県内で水トラブルを解決!
酒々井町 九十九里町 横芝光町

電話無料相談

修理完了までのロードマップ
水まわり総合サポート
マリン水道グループ
copyright©2019 修理班KAKUMEI all rights reserved.